★☆Passenger *minami*☆★

宝塚OG*71期生の真琴つばささんが大好きです。真琴つばささんのことを中心に私の日常も綴ります。

☆diary☆日陰のアネット… 2017年『にんじん』真琴つばささん

新橋演舞場で上演中のミュージカル『にんじん』ですが
8月27日の千秋楽に向けてのラスト・ランが始まりました。

こちらは、初日前のゲネプロからの映像でしょうか?
まだ、ここではご紹介していなかったので
改めてご紹介します。

2017年版『にんじん』のダイジェスト映像です。
youtu.be

現在の『にんじん』は、この初日の頃より
全体がとてもレベルアップしています。
久しぶりに、こちらの映像を観ましたが
特に、真琴つばささんが演じるアネットの進化が一目瞭然でした。
ワンピースの着こなし、髪型、歩き方、立ち姿
そして、声の出し方と使い方。
すべてにおいて、何段階もアップしています。
そして何よりも、アネットの存在の出し方が変わってきています。
場面ごと、主になる人によって、
また、そのときの空気感を素早く察知して
アネットは、その存在感を絶妙に変えています。
変えている… というよりも
自在にコントロールしているとしか思えません。

『舞台は生物である。』
これは、真琴つばささんが、日々とても意識していることです。
『生物』… イキモノ?ナマモノ?と
どうでもいいことが、すごく気になる私は
舞台を含めたあらゆるエンターテイメントは
すべてが『生きているもの』であり
『生のもの』であると思っています。
生命力と躍動感。
それらは、エンターテイメントの生命線であると言っても過言ではないと思います。
そして、いつの時代も伝えているものは『愛』。
いろんな形の愛情が、エンターテイメントの根底にはあります。

話が逸れてしまいましたが… (;^_^A
真琴つばささんは『生』という特別な場を
とても大切にしているんだな…と私は感じています。
生だから… その一瞬一瞬すべてが特別なもので
同じものは一つもない。
だから、そのときのキャストや客席の空気感、そこから表出する想いの違いで
舞台が微妙に変化することを、とてもよく知っています。
そこに、並々ならぬ拘りを持っているのは、
舞台は神聖なものであるという敬意と
お客さまへの愛情の表れなのだろうと思います。

今回のアネットは
2幕では愛らしく軽快なリズムで歌い踊る場面がありますが
厳密に言えば、この場面の主は
秋元才加さんが演じるエルネスティーヌです。
全体を通して、アネットが主になる場面は
1幕では最初の食卓の場面への導入部
2幕もまた、2幕最初の食卓の場面への導入部で
すべてが歌のみで表現されています。
中心になる芝居の主になることはない。
ですが、この全体を通して脇に徹しているアネットが
とても光ります。
舞台上のアネットの居る場所は
スポットの当たらない日陰が殆どです。
こんなにスポットの当たらない場所で演じるのは
宝塚の下級生以来ではないでしょうか?

宝塚時代は自らが発光体のように(笑)
強い輝きを持って、
神々しいオーラで客席を魅了したマミさん(真琴つばささん)でした。
劇場すべての光を纏い、駆け抜けるパワーは
誰よりも強く真っ直ぐで
その強さと真っ直ぐな輝きは今も全く衰えることなく
寧ろ、その輝きは宝塚時代よりも
より強く広く鮮明になりました。
その強さと輝きは、今の舞台『にんじん』では
舞台を支える力として
また、舞台上の一人一人をより魅力的に輝かせる力として
お客さまには、あたたかい陽射しとなり、
その輝きの形を自在に変えて、より深く魅了する。
そして、アネットの真っ直ぐな想いは
珠玉の輝きを放っています。
今まで、強い役が多かったから… と
マミさんはおっしゃっていましたが
ここまで台詞も殆どなく、
スポットの当たらない場所が定位置の役は、なかったですよね。
その場所で、しっかりと全体を支えて
女中アネットとしての心情や役割を的確に表現できる真琴つばささんは
天才としか言いようがない。
ただ、マミさんの天才の形は、
持って生まれた勘の良さだけではなく
努力型の天才なんだろうな… と思うのです。
試行錯誤が趣味なのか?と思うほどのストイックさ。
それが、舞台人である真琴つばささんの核であるのだと思います。

アネットが一人で歌う場面は、いずれも食卓です。
あたたかく柔らかな照明に照らされて
アネットの心を表しているようにも感じます。
ですが… ルピック家の全員を迎えた食卓は真逆で
暗くて寂しさを感じる。
その暗い照明のなかにいるアネットは
闇を照らす灯のようです。
また、その暗い照明は
アネットの想いを包み、中立でいさせてくれるのです。
表情だけではなく、
アネットの存在すべてで語る真琴つばささんの心豊かな表現は
とても繊細であたたかく、
手に取るように確かに伝わります。

次回は、この食卓でのアネットを中心に
書いてみたいと思います。(*^^*)



つ・づ・く… ヾ(´∀`*)ノ





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

☆diary☆あたたかい陽射しに包まれる、夏… 2017年『にんじん』

柔らかな陽射しが客席に降り注ぐ…
その光のもとを辿ると
ただ静かに立っている人がいた。
とても清楚で美しい佇まいのその人は
ルピック家に仕える女中だった・・・

決して目立つことはない。
けれど、凛とした横顔と立ち姿が美しく
それは彼女の生き方そのものを物語る。


こんばんは~!!(*^^*)
お元気にお過ごしでしょうか~!?
ここ数日は雨の影響で
気温が下がっているところが多いのかな…
こんな気候のときは、体調を崩しやすいので
お互いに気をつけましょうね~!!

新橋演舞場で上演中の『にんじん』。
約1ヶ月の長期公演も折り返し地点を過ぎ、
残すところあと9公演となりました。
公演が始まると早いですよね~!!!

前回の記事から、またまた日が過ぎてしまいましたが
既にご覧になった方が沢山いらっしゃるのかな?
いかがでしたか~!?(*^^*)

実は… 私は残酷物語が苦手です。
恐らく、同じ想いを感じている方は多いと思います。
この『にんじん』は
残酷物語の定番とも言えるような作品なのですが、
何故か、あたたかい・・・
勿論、ルピック夫人のフランソワ(にんじん)に対する言動や行動には
直視できないほどの切なさと辛さがあります。
なのに、その経緯を観ている客席は
とても優しくてあたたかい。
それがすごく信じられないのですが
居心地の良ささえ、感じています。
笑い声も、すすり泣きの声もあたたかい。
そして、ふと… スポットの陰に隠れた舞台端を見ると
客席と同じ想いを抱えているアネットの姿が
そこにあります。
この客席に降り注ぐあたたかい陽射しは
アネットの心、そのものなんだろうな… と、そう思います。

真琴つばささんが演じるアネットは
ルピック家に仕える女中です。
ルピック家では中立な立場で存在し、
観客にとっては代弁者のような立場でもあります。
その存在感の出し方が、場面ごとにとても相応しく
出すぎることなく、匙加減が丁度良い。
しかし、必要なことはしっかりと述べていて
難しい役なはずなのに、それを感じさせることなく
とても適切な表現で自然に存在しています。
恐らく、マミさん(真琴つばささん)がアネットに対して
『審判』という表現を使ったのは
そんなところを総合的に判断してのものだったのだろうと思います。
この…『中立である』というところが
真琴つばささんが表現するところの『審判』なのだろうと。

私は最初、『中立』ってどう表現するのだろうかと
そこが全然思い浮かばなくて
何も分からないままに初観劇をしました。
前回も書きましたが
心を無くしたアンドロイドのように
何があっても心を動かさない。ということで表現するのかな… と。
『審判』と聞くと、私の中に浮かんだのは
『ブラッド・ブラザース』のナレーターでした。
あと… 荻田浩一さん演出の『CHESS』でのアービターです。
このアービターは日本語では『審判』と訳されていて
彼は、アービターという名称で呼ばれながらも、
それは名前ではないんですね…
とても中性的な役で、人ではなかったかのようでした。
恐らく、そのイメージが私は強かったのでしょうね。
ちなみに…
この『CHESS』には、私はめちゃめちゃハマりまして
劇場のアンケートに
真琴つばさアービターVer.が是非とも観たい!!!と
しつこく書いた記憶があります。(;^_^A

めっちゃカッコいいですよ~!!!
絶対、はまり役になるはずです!!o(≧∇≦)o
しかし… 今のマミさんは“カッコいい”と言われない役を演じたいようなので
その夢は遠くなりましたけどね。f(^_^;
ご興味のある方は、検索してみてくださいね!
荻田浩一 チェス アービター』で出ると思います(*^^*)

さて、本題に戻ります。
その前に~!!
真琴つばささんがブログを更新されました~!!ヾ(o≧∀≦o)ノ゙
こちらです!!!

ameblo.jp


で、、、そうなんですよ…
なので、簡単に言うと
アネットは
もっと冷たい人なのかな?と思っていたら……
花道からの登場から
めちゃめちゃ可愛かったんですー!!(@_@;)
とは言っても
アネットの可愛さは、人としての持ち味としての可愛さで
作り込まれたものではないんですよね。
そこにアネットの人柄が見えるようです。
飾らず素朴で、真面目で素直。
間違っていることは誰に対しても
『違う』と言える凛とした清々しさがあります。
また、にんじんとの場面では、
人は唯一無二の存在であり平等であるという
アネットからのメッセージも感じます。
アネットは、ルピック家が住む村(かな?)とは
遠く離れた村からやって来たので
にんじんに対しても何の先入観もありません。
だから、にんじんが理不尽な扱いを受けていることが
アネットは不思議で不可解で仕方がないのかな?と思いました。
そして、にんじんが自虐的とも言える言葉を並べてしまうほどの心の闇。
母親を『奥さん』と呼び、
その母親は息子を冷たく『にんじん』と呼ぶ。
そのこともアネットの心に引っ掛かる…
それが、にんじんとの出会いの場面でした。

ルピック家の女中として仕えるアネットは
一般的な家庭とは、かけ離れているルピック家の歪な現実に驚き
その歪な関係性こそが
ルピック家のバランスのとれた通常であると知るんですね。
そして、そのバランスの要が“にんじん”であるのだと知る。
一般的な家庭を比較対象として判断するのではなく
ルピック家の現実を知るところから始まっていて
先入観がないんですね。
だから、ルピック家の一人一人を
常に平等な目で見ることができる。
その認識は、最後までブレることがないんですよね。
それが…
『中立』であるということなんだ・・・ と
アネットから伝わりました。
【注】あくまでも、私の感覚なのでね。
マミさんは…
そうじゃないわーーっ!!!ι(`ロ´)ノ
と、暴れるかもしれませんけど… (;^_^A

この『中立』の表現って
本当に難しいですよね・・・
アネットとしての想いに揺れそうになる。だけど
『女中』という立場を貫くことで
常に中立でいられるのだと思います。
ふと見せる、にんじんへの愛が見える瞳であったり
葛藤の表情に
アネットの想いが見えるのですが
アネットが心情を垣間見せるとき…
その場面は、ルピック家の騒動が中心になっていて
アネットは、その騒動から離れたところで存在を消して
見守っているんですね。
そして、『女中』としての立場で
必要なときに
必要なところだけ介入します。

まだ、物語の冒頭の部分だけしか書いていませんが
この物語は“にんじん”という一人の子供を中心に
一人一人が本当の自分を許し、認めることで
成長していく過程を描く心理劇のようだと思います。
子供向けのミュージカルのように見えますが
ルピック家や、ルピック家を取り巻く人々の関係は
現代社会の縮図のようにも思えて
大人になった今だから分かる物語だと思いました。
考えるというよりも
心に直接語りかけてくれる物語で、
そこにいる観客の一人一人が
自由に心を動かし、
いろんな答えを自由に導くことを許してくれる物語なのだろうと思います。

なので、私の想いや感覚は
私だけのオリジナルなんだろうな… と思います。
共感できるところはあるのかもしれませんが
100%同じではない。けど、どの感覚も正解なんだと思います。

真琴つばささんが演じるアネットは
台詞が殆どありません。
最初のにんじんとの出会いの場面と
2幕のエルネスティーヌとのウエディングドレスの場面と
その2つの場面には、相手とのやり取りの台詞があります。
後は、短い一言だけ。
アネットの心情は歌で表現されています。
なのに、こんなにアネットの心を感じるのは
アネットの瞳と表情、
ちょっとした仕草と動きが語ってくれているから。
その心が、とても深くてあたたかい…
そこに、私たち観客は救われ
アネットを身近に感じるのだろうと思います。

舞台上の役者さんの一人一人の呼吸と想い、
お客様の呼吸と想いに合わせて
真琴つばささんのアネットは、
この物語の中で生きています。


マミさんの日々の進化が著しくて
毎回の観劇が嬉しくて仕方がないのです。


真琴つばささんは天才です。


つ・づ・く… (*´ω`*)




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

☆diary☆天使が舞い降りる、夏… 2017年ミュージカル『にんじん』

天使が舞い降りてきた…

チェックのワンピースに茶色の靴
ちょっとカールした髪が愛らしい。
茶色の大きなトランクが重そうで
その足どりとともに木綿の日傘が揺れていた。

はじめまして!と にんじんに声をかけるその声は
優しく暖かく、真っ直ぐで
穏やかな陽だまりに包まれた麦畑にそよぐ
涼やかな風のようでした・・・


2017年8月から上演中のミュージカル『にんじん』
そこに登場する家政婦アネットの登場シーンです。


大竹しのぶさん主演の『にんじん』は
38年ぶりに再演されました。
38年前といえば…
まだ生まれていなかった方が多いのかな~!?
・・・時の流れを感じてしまったわ💦(;^_^A
ちなみに、余裕で生まれていた方もいらっしゃいますよね!!
ね!? (*´・ω-)b
改めて、38年という歳月の重さを感じるのですが
その物語の本質は、全然色褪せていません。
寧ろ、現代の社会情勢や人々の生きざまに
とてもよく合っています。
今、この時代だからこそ
敢えて耳を傾けて、しっかり心の瞳を見開いて
見届けていく物語だと思いました。

原作は、フランスの作家ジュール・ルナール
この『にんじん』は
ジュール・ルナールさんの自伝が元になっているとも言われていて
実際にルナールさんが子供の頃は、
にんじんのような少年だったそうです。
また、何故か ルナールさんご自身は
この『にんじん』を作品として
あまり評価をされていないんですね。
その理由は何なのか、私には分かりませんが
淡々と事実だけを語られているような作風があり
この作者の目線は、どこにあるのだろうかと思わせます。
もしかしたら、大人になった“にんじん”が書いているのかな…と。
淡々と語られる物語だから
その奥に隠れる心が文字として現れていない。
だからこそ、戯曲として表現しやすいのかな?とも思います。

全体に流れる音楽が心地よく
ピアノの旋律が美しいですね~!!
その音楽に乗せられた言葉が
より深く心に沁み渡ります。
フランスの麦畑と青い空
その、のどかな風景は
歪んだルピック家の風景とは真逆のもの。
そこに、遠い村からやってきた
まったく異質の光を放つアネットは
神様からの贈り物のように思えます。

天使だ・・・ o(*゚∀゚*)o ←私💦

ちょっと天然な直向きな天使… それがアネットです。

この天使…アネットは
女中という役割でルピック家にやって来ます。
アネットを演じる真琴つばささんの話では
『審判』のような役だと… そんな話がありました。
まだ観ていなかったときは・・・
とても冷静で感情を表すことなく
ただ、繰り広げられる騒動を傍観しながら
ジャッジすることだけに意識を集中させている人なのかと思っていました。

ところが。。。


なんじゃこりゃぁぁ~~!!!!!\(◎o◎)/


愛らしいやんかぁぁー!!!!!(@ ̄□ ̄@;)!!



えぇぇぇ~っ!!!!(*_*)



あんた…

審判みたいや~!って
言うたやないの・・・(○_○)!!←白目。


椅子から転げ落ちるかと思うほどの
ウルトラ嬉しい誤算からはじまった
私の初『にんじん』体験でした❤️(*´∇`*)



つ・づ・く❤️(*^▽^*)


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

☆diary☆ミュージカル『にんじん』が始まりましたね~!!

ミュージカル『にんじん』が始まって
今日で3日目ですね~!!(*^▽^*)
すでに、ご覧になった方も多いのでしょうか?


f:id:minami28373:20170803022613j:plain

私の観劇日はまだ先なので
感想を探してみたりしていますが
まだ2日過ぎたところなので
あまり見つかりません・・・

でも、真琴つばささんの家政婦さんが
すごーく可愛い!!というのは よく分かりました。

さて~!かなり前になりますが
松竹さんの『にんじん』のページに
お稽古の動画と、PR用の動画がアップされています。
PR用の動画には、初演の『にんじん』が使われています。

松竹さんの『にんじん』ページは
こちら。

公演情報 日程・上映時間:新橋演舞場-歌舞伎・演劇|松竹株式会社

その『にんじん』のページから
動画だけ持ってきました。


◆お稽古風景◆

youtu.be


◆PR用の動画◆

youtu.be


どうですか~!?
私は、“THE ミュージカル”という感じがしました。
基本に忠実なミュージカル… といいますか…
アンサンブルの使いかたや
声の出し方、ハモり方…
教科書のお手本のようだな~!と。
お稽古場なのに
流れる曲や、それぞれのキャストの皆さんの動きを見ていると
プロバンスの田舎?と思えてきて
のどかな田園風景のなかで
のびのびしている雰囲気を感じました。
いいですねー!!!(*´∇`*)

そのあとの大竹しのぶさんが歌う“にんじん”の歌!!
まっかぁ~な髪で
そばかぁ~すだらけ。。。
この曲は、一度聞いたら覚えてしまいますね~!
曲と歌詞が一体になって、心に残ります。

三拍子か…
他にも三拍子の曲がありましたね。
三拍子の曲は、どうも… 心に馴染みやすいんです。
私だけかな?
子供って、三拍子の曲が好きですよね?
(私の勘違いかも知れませんが…)

私が幼稚園の頃に大好きだった曲も
三拍子でした。(*^▽^*)
だから、そう思っているだけかも💦


初日の前日にあったゲネプロの記事も
Webで沢山アップされていますね。
その中から、2つだけご紹介します。

大竹しのぶ、14歳の少年演じ「いたたまれない」 中山優馬がかわいさ絶賛 | エンタメ | マイナビニュース

記事の内容は、どの記事も大筋は同じでした。
囲み取材だから、そうですよね… (;^_^A
上の記事は、マミさん(真琴つばささん)のお写真が
いくつかあったので・・・
でも、マミさんの演じるアネットについては
ほとんど書かれていなくて
よく分からない。。。(*_*)

こちらの記事は、アネットについて少し書かれています。

takarazuka-j.blog.jp


ルピック家の暖色担当なんだ…
それで、可愛いんですね~!
なんとなく… イメージできそうなんだけど
よく分かりません。(;^_^A ←アタマ悪すぎ… 。

いろいろと妄想は広がっていますが
私の“妄想”なのでね!
初日も過ぎたので、言及は控えます。
観てみないと分からないですからね~ (*^^*)


なんか、マミさん❤
とっても嬉しそうですよね~!!
ダメ出しを貰うのが~!!(*´∇`*)

いいですね~!!!ほんと… (*´ω`*)


ダメ出しされるということは
それだけ注目してもらえているということで
まだまだ伸びる要素が沢山あると…
そういうことですものね。
“のびしろ”があるということ。

マミさんは
自分で自分の“のびしろ”を
どんどん伸ばしていける人ですから
ダメ出しが嬉しいんでしょうね!!

いつの間にやら
本当に!一流の女優さんになっていたんだなぁ…
ダメ出しが嬉しいなんてね・・・


話は飛びますが
四代目 中村鴈治郎さんの襲名披露公演のときのことです。
鴈治郎さんの襲名のインタビューのなかで、
お客様に向けてのご挨拶がありました。
嬉しい!という気持ちは勿論あると思うのですが
それよりも、さらに精進していきたい!という決意を
言葉を変えて何度もおっしゃっていたんですね。
名前に恥じないように… という思いもあってのことだと思いますが
経験を重ねるごとに
どんどん身の引き締まる思いがあって
それと同時に、重責を感じていることが伝わりました。
そして、ご挨拶の最後の言葉は
お客様へのお願いでした。
それは… どんな些細なことでもいいので
気になることがあったら
どんどんご意見、ご感想をいただきたいと…
今日の出来は悪かった!でも構いません。
私に直接言える機会がなかったなら
劇場のスタッフに伝えていただいても構いませんので
どうか宜しくお願いします。
というものでした。
そして、次にまたご覧になる機会をお持ちいただけるのなら
そのときには、もっともっと楽しんでいただけるよう
精進していく所存でございます。と…


経験を積めば積むほど
自分でハードルを上げていかなければならないんだな… と
芸道の厳しさを感じました。

ちなみに…
中村鴈治郎さんのお母様は扇千景さんです。
弟さんは、扇雀さんです。
ご存知の方の方が多いですよね。(;^_^A
私は、実は、扇雀さんが好きで
そこから、ご家族を知って驚いた!という…
まだまだ歌舞伎を語るには不勉強な初心者です💦


アネットも日々、進化しますように~!!(*^^*)
それが私の一番の楽しみです。

ではまた~!!o(゚▽^)ノ




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

☆diary☆『ね』

こんばんは~!!(*^▽^*)

明日は、いよいよ!!
ミュージカル『にんじん』の幕が上がります。
本日は、公開ゲネプロ&囲み取材があったようで
すでに、数ヵ所のWeb記事でアップされているようですね。
もう、ご覧になった方も多いのかな~!?

そのゲネプロからの記事を中心に『にんじん』のことをアップしようかと
今、ちょっと書きはじめていたのですが
昨日の記事の最後が
あまりにも駆け足過ぎて… (;^_^A
姿月あさとさんも感動した~!!という
『ね』の動画を入れたかったんです。本当は…
『ね』の表記は『ね!』じゃなくて
シンプルに『ね』なんですね~!!
この歌は、卒園のときに歌われることが多いそうですね。
私は、はじめて知りましたが
小さなお子さんがいらっしゃる方はご存じかもしれませんね。
この曲は、3番まであるんですねー!!
動画を見て知りました。

あ、まずは動画をご覧ください。(*^^*)
深いですよ~!!!泣くかも… (´;ω;`)
あ💦ゴチャゴチャ言うのはやめますね💦

どうぞ❤

youtu.be


いやいや~!どうでしたか~!?
歌詞が分かりやすいものを選びましたが
全部ひらがなだったので
分かりにくかったかなぁ…

マミさん(真琴つばささん)がラジオで語ったエピソードは…
保育園か幼稚園かの先生をしているお友だちがいて
卒園式で、この『ね』を歌うことになり
マミさんと一緒にいるときも
ずーっと『ね』を そのお友だちが歌っていて
影響された・・・というものです。

『ね』『ね』… ってうるさいなぁ~!と最初は思ったそうですが
よくよく聴いてみたら。。。あら?結構深いのねー!!と…
そのまま『ね』沼にハマったようです。(*^^*)

うん!わかるわ・・・(*´∇`*)


マミさんは、今年2月にあった
『眠れない夜にあなたのそばにいたい』CD発売記念コンサートで
この『ね』を歌いました。
ラジオの音源は、子供たちの合唱だったと思うのですが
さすがに、コンサートではね…
でも、一列に並ぶ子供たちの中に入って
手を繋ぎながら歌うマミさんも見てみたいかな~!(*^^*)
コンサートでは、ミディアムなスローナンバーにアレンジされて
ピアノだけで歌う 贅沢仕様でした。
バラード風な感じもして、
マミさんに似合っていましたね~ (*´ω`*)

2回目に歌ったのは、ラジオでおっしゃっていた
姿月あさとさんの35周年記念リサイタルに
ゲスト出演したときです。
ずんちゃん(姿月あさとさん)が
『ね』の音合わせで大泣きした… と。
ずんちゃん… マミさんの音合わせのときも
ずーっと居てくれたのかな… と思いました。
確か、ずんちゃんへのプレゼント曲として
歌われたと思います。


f:id:minami28373:20170731233453j:plain

前の画像ですが…


『ね』おじいちゃんになっても (え⁉(°Д°) )

f:id:minami28373:20170731233535j:plain


『ね』おばあちゃんになっても

f:id:minami28373:20170731233620j:plain


付き合ってたいね!ね!ね~!!(*^▽^*)人(*^▽^*)

f:id:minami28373:20170731233654j:plain


ずーっと仲良しでいてほしいな・・・

今年は~
タンゴのコンサートも
岩谷時子先生のコンサートも
まだご一緒する機会がありますよね~!(*^^*)


と… まずは❤
明日(もう今日ですね!)からの『にんじん』を楽しみに・・・
私の観劇日はまだ先なので
明日は、初日の感想などを探してみようかな…


ではまた~!!o(゚▽^)ノ







にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

☆diary☆2017.07.23&30『久保純子 My sweet Home』ゲスト出演。(*^^*)

可愛かったぁ・・・マミさん… (*´∀`*)ポッ❤

今月のラジオ出演は文化放送の『久保純子 My Sweet Home』
こちらでした~!!

川口技研presents~久保純子 My Sweet Home|文化放送 JOQR


あー
めちゃめちゃ可愛い… (* ̄。 ̄*)❤

先週に引き続き、昨日は2回目の放送がありました。
番組のHPは、まだ更新されていないようですが
後日、番組ブログにアップされるのかなぁ~?

いや…
アップ希望です~!!!お願いしますm(__)m

久保純子さんとは、過去にお仕事されたのかな??
私には記憶がないんだけど、
何度かご一緒したっけ??
でも、初対面ではないですよね?どうなんだろ…
なんだか、すーっごい和みの空気感でしたよね~!!
マミさん(真琴つばささん)がとてもリラックスしていて
ウルトラ可愛い~!!!(*´艸`*)

1回目の23日の放送と、昨日の2回目の放送を
合わせて書きます。(*^^*)
(早い話、ごちゃ混ぜ…ってことです💦)

こちらの番組は、番組のHPを見ると
子育て中のママを対象にした番組のようだったので
マミさん… もしや…
愛息さん(愛猫さん)の子育て奮闘話でもするのかな?と
ちょーっと… 話題についていけるのかと
心配しましたが~ (◎-◎;)←自らの妄想で焦る私…。
綺麗に纏めてくれていましたね~!!
マミさんの幼少の頃のお話を聴かせてもらえました~!!
マミさんが、お祖母ちゃん子だった話❤
大好きです~!!!ヾ(o≧∀≦o)ノ゙
マミさんのお祖母さん❤
とーっても美人なモダンガールだったらしいですよね。
で… 『品川小町』と呼ばれていたとか・・・
マミさんが語るお祖母ちゃんは
優しくて、キリッとした潔いところもあって
下町の人懐っこさと人情味の温かさを感じます。
ハイカラなお祖母ちゃんですよね~!!
で、とても賢い。(*^^*)
今回は、お祖母ちゃんのお料理についても
お話されていましたね~ (*´ω`*)

舞台『にんじん』の初日が近いということもあり
その宣伝も兼ねてのご出演のようでした。
『にんじん』は、子供から大人まで楽しめるミュージカルということで
見どころや、マミさんが演じる 家政婦のアネットのお話も
1回目の放送では、語ってくれていました。
キムラ緑子さんが演じる母親は、
早い話… “にんじん”をイジメル側の人ですが
その心の裏には“にんじん”への深い愛があると・・・
そのようなことを言っていました。
で、、、
大人は、素直になれないとしんどいよ!…と
そんなメッセージも込められている気がすると。

アネットは・・・
“にんじん”のいるルピック家を冷静に見ていて
審判のような役だと
今回のラジオでも言っていましたね。
あと、アダムス・ファミリーの話も少しありましたね~
アダムス・ファミリーも家族の物語ですものね。
でも、『にんじん』とは対照的ですよね。
そんな二つの家族の物語にご出演のマミさんは
どちらも、個性的な役に挑戦します。
アダムスの話になると
必ずと言えるほど、セットで出てくる話が…
『普通』ってなんだろう?ということ。
今回のアダムス再演のインタビューでも
何度かその話が出てきています。
この… 『普通』ってなんだろう?という問いかけは
『にんじん』にも言えることなのかもしれませんね。
マミさんは、ご自分の育ってきた過程のなかで
食事は、各自バラバラに食べるというのが普通だったと
おっしゃっていました。
お商売をされているご家庭でしたので
それがマミさんの家では普通のこと。
でも、一般的には普通ではないかもしれないと・・・

けど…
それでいいんです。(*´∇`*)

普通って何でしょうね?
なんだか、普通=正しい。と置き換えて、
人は理解しているんじゃないかと思います。
でも… 普通=正しいの考え方は、
ごく限られた小社会でのみ適応されるものであって、
また、普通=良い でもないということなんだろうな… と思います。
『普通』って何でしょうね?と考えるのは
大人だからなんでしょうね・・・
そこに、各々の固定観念があるような気がします。

と、話がズレました💦


今回のラジオでも、マミさんが宝塚に入ろうと思った切っ掛けや
宝塚時代のことなど。。。
今までの経歴やマミさんのご紹介が軸になっているのですが
その話の流れに、幼少の頃のお話や
これからの舞台出演のお話など、
いろんなお話が織り込まれていて
魅せる工夫を感じました。
そこが、すごく新鮮でした。(*^^*)

マミさんの声って・・・
とても落ち着きますよね… (*´ω`*)
暖かくてホッとします。
で、すご~く艶があってドキドキ❤❤❤
忙しいですよ💦心が💦
でもね!めちゃめちゃ可愛い~!!!(*´艸`*)
話されることが、いちいち可愛い~!!!

このアンバランスさがいい!!!


もしかしたら… このバランスも
『普通』じゃないのかもしれませんね。
でも、それが個性であって
そこがたまらなく魅力的なんです❤❤❤


そうそう~!!(*^▽^*)
各回で、ゲストさんが次の世代を担う子供たちや
次の世代に残したい歌をご紹介されるコーナーがあって
1回目は、『ね!』(こんな表記かな?)だったんです。
その『ね!』に纏わるエピソード、良かったですよね~!!
そのエピソードのひとつで、
ずんちゃん(姿月あさとさん)のコンサートにゲスト出演したときのお話で
音合わせで『ね!』を歌ったら
ずんちゃんが大泣きしたと… (歌詞に感動して。)
そんな可愛いエピソードも聴けました。(*^^*)

2回目は・・・
越路吹雪さんの『愛の讃歌』でした。
『ね!』が、次世代を担う子供たちに対して贈りたい歌で
この『愛の讃歌』は、
次世代まで残したい歌… という意味合いのようでしたね。
越路吹雪さん、岩谷時子さんには
並々ならぬ想いがあるんでしょうね~!!!(*´ω`*)
想いがありすぎて… うまくまとめられず💦な感じでした。
ちゃんと伝えよう!!という気持ちと
大好きやねん❤は・・・伝わりました。(*^^*)
岩谷時子さんは、、作詞家ですよね。(*^^*)
『愛の讃歌』では訳詞をされています。
ラジオをお聴きになった方のなかには あれ?と
思われた方もいらっしゃることと思います。(*^^*)
名前を言うだけで緊張しちゃうんでしょうね。
可愛い… (*´ω`*)

と、いうか~
作品や役の紹介も、先週の曲紹介も
めちゃめちゃ上手かったんですよ。
自分関係のことを紹介するのは… あまり上手くないのに。(≧∇≦)
最後に… めっちゃめちゃマミさんらしくて
ホッとしました・・”(*´ω`*)❤


それでは。。。また~!!(*^▽^*)


あ~!!!
明日は『にんじん』の初日なんだ~!!!
早いですね~!!




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

☆diary☆今日は~!ラジオ『久保純子のMy Sweet Home』2回目~!

こんばんはー!!(o^-^o)ノ

ご無沙汰してしまいましたー!!(*_*)
ちょーっと忙しい日々を過ごしています。
私事のお話で書きたいことがあるのですが
今日のことを先に~!!

前回の1回目の放送から
あっという間に1週間が過ぎまして
今日、2回目の放送がありますね~!!

こちら~!!(*^▽^*)

川口技研presents~久保純子 My Sweet Home|文化放送 JOQR

久保純子の My Sweet Home』文化放送
毎週日曜日 9:00~9:30

本日のゲストは、前回に引き続き
真琴つばささんです~!!


マミさん(真琴つばささん)のブログでのお知らせは
こちら~!!ヾ(*^▽^*)ノ

ameblo.jp


みっちり!語ってくれていた(喋ってた…かな?)前回に続き
今週もゲストで登場です!


今回の更新は… お知らせのみです。
まだまだ書きたいことはありますが
次回にしますね~!!(*^▽^*)

…というか、、、
こちらのブログの使い方がよくわからなくて…
現時間か未来時間しかアップできないんです…(*_*)
なので、毎回焦っちゃって

あー
心臓に悪いわぁ… (;^_^A
どうにか考えなくちゃ・・・



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村